気が向いた時にふりかけを作ります。 2012年4月17日 at 4:48 PM

先日、立派な葉付きの大根を頂いたので、太陽の下でからっからに干してからすり鉢で擦りました。
自然の恵み一杯のふりかけです。

大根の葉ふりかけ
私は、数年前につきじ常陸屋さんの干しかごに出会いました。
切欠は、『かえる食堂漬けたり干したり』と『サルビア給食室のドライフードレシピ』の2冊に出会ってからです。
とにかく、お野菜を干して旨みを凝縮させてから調理すると美味しいのです。
さすが太陽!
そう思ってしまうほど。
最初はザルで干していましたが、ザルでは小さすぎるので干しかごを買いました。

その大切な干しかごに大根の葉を並べて、完全に水分を飛ばします。
すり鉢で擦った後に、炒りごまを入れて更に擦ります。
最後に炒り塩を入れて完成です。
(フードプロセッサでもOKですが、洗うのが面倒なので私はいつもすり鉢使用です。)

無添加の体に良いふりかけなので、ついついかけ過ぎてしまいます。
子供が苦手な葉物をこういう風にしてお弁当に用いると、沢山食べてくれますよ!
市販のふりかけと違って、塩加減を調整できるのが手作りの醍醐味です。

そんな私が一番好きなふりかけは、大葉で作ったふりかけです。
なんちゃってゆかりというものですね。
手作りふりかけ最高です♪
こういう時は、ちょっと高めの美味しい塩を使うようにしています。

そういえば、先日参加した高校の同窓会で、私のクラスメートが人材派遣の会社設立をするそうです。
学生時代から「自分の会社をもちたい!」と言っていたクラスメートでしたが、ついにその夢がかなうようで私も嬉しくなりました。
事業が成功することを願っています。
最近学生のうちから起業を始める人が多いみたいですね。
そのようにリーダーシップを持った人が起爆剤となって元気のない日本に活力を与えてくれるといいなと思います。

Comments are closed.